読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

子孫向け竹木舞掻き補足説明

さてさて、この竹木舞。方法やら掻き方で唯一というものがあるわけではないようだ。お父さんはそれを感じ取れた時点で、この家の既存土壁を解体して真似れば良し、とした。 掻き方の種類等は前述した。本当は細かい内容がもうちょっとある。荒壁と貫の関係に…

新設壁の竹木舞掻き

キッチン新設壁の骨組みが出来たので、壁そのものを造る。その前に土壁の骨造り。 厚五分程、巾九寸程の解体荒杉板でまずは支持材を設ける。 土壁中央を走る縦材。名称は知らず。半間かそれ以下の巾の壁だと入れない場合がある材らしい。この家の半間壁には…

無ければ作る

早速、いつもの検索。棕櫚箒(しゅろほうき)も、埃を絡め取る優れものらしい。しまった、以前の住人が置いて行った箒。見た目からして棕櫚だったんだ。知らずに外掃き用にしてしまっていた… しかし刷毛がない。あるにはあるが20~30cmレベル。定年退職後施…

棕櫚刷毛

本格的施主施工をされている方のブログは沢山ある。本職でもない人間からすると変わった活動。ネタも満載。記録もしたくなる。なので、ブログを書いて公開しようと思うのはよく分かるつもり。同志が多いようで嬉しい。 だけども、途中で中断しているブログも…

実物の職人さん

やって来てくれた方は、いかにも「左官職人」さん。風体もそう、名刺もそう、持ってきてくれた木製道具箱もそう。おじいちゃん建築士曰く、演出だそう。面白いなぁ。 現在の日本の住宅建設業界事情。土壁はおろか、左官仕事がどんどん排除、限定されてしまっ…

左官本職工事の行方

施主見積作成にて、単価がさっぱり見当を付けられなかったものに左官工事がある。ここは適当な金額を入れていたが、どうも甘かった。 若き一人親方に見積依頼をした際、この施主見積はとりあえず完成していたので、見積作成の労力低減の為にと見積依頼分の項…

土壁方針

早期の解体着手の理由には、先述以外に土壁への対応がある。 昔、土壁の在来工法の家に住んでいた。壁に触ればポロポロ砂のような物が落ちてくる土壁。なので、あまり良い印象は無い。 新築を考えていた時は、接着剤で貼るビニールクロスの陳腐さと早期劣化…