家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

ブログを書くこと -1-

 子供たちへ

 みんなで住んでいる今の家は、「
伝統構法」という昔ながらの造り方をされている。これは、現代日本では非常に少数派の木造戸建て家屋での工法だ。

 ほとんどの現代日本の木造家屋は「在来工法」と言う工法で建てられている。
今の家に住むまでは、お父さんも「在来工法」の家しか知らず、「伝統構法」家屋と言えば、旅館であったり重要文化材であったりで身近ではなかった。
 お母さんは団地で育ったから、また別の「壁式工法」だ。


 結婚してからも、
アパートやマンションなどで生活していたので、「伝統構法」の家に住むのはやはり今の家が初めてだ。

 さて、何故こういう事を書き始めようとしたのかと言うと、
口ではとても伝えられないと思っていたからだ。
 では、何を伝えたいかと言うと、お父さんが思う「伝統工法」の良さなどや、少数派が故の難しさなど、そして出来ればこの家を継いで使っていく選択肢を持って欲しい、という想いなのだ。

f:id:kaokudensyou:20150816000854j:plain

 

広告を非表示にする