読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

苦肉の「施主施工」策浮上

伝家の宝刀 [CD]嘉門達夫ビクターエンタテインメント1996-01-01 家づくりの方向性は見えてきつつも、土地探しはなかなか難航していた。検索範囲は徐々に広がり選択肢は増えても、価額が予算範囲内の土地は何かしら問題がある。 展示場で出会った自然素材仕様…

家づくりへの二大影響:自然素材家屋編 -3-

「劣化」ではなく「風化」… これだ!!! ビニール壁紙がベローン、何とか風サイディングがドローン、ベニヤ板や集成材がパカーン、などなどではない! 不具合があればそこだけ交換しやすいし、漆喰や木が汚れて気になるなら削れば良いし、何なら汚れも風合…

家づくりへの二大影響:自然素材家屋編 -2-

展示場やCMに出てくるような住宅は、非常にラグジュアリー、お父さんでもとても惹かれるものだ。 だけど、お高い。 上物だけで4千万やら5千万やらざらで、果たしてどれほどの人が買えるのか。ま、そこから現実的予算に収めていくと、ラグジュアリー感は皆…

家づくりへの二大影響:自然素材家屋編 -1-

もう一つの大きな影響、しかも今の家と直結的に結びつく影響を与えられたのは、住宅展示場にあったとある仕様の家だった。 その頃、土地探し範囲を生駒市から奈良市方面に広がったりしていて、やはり考える事は皆同じなのか、良さそうな地域は高くてなかなか…

家づくりへの二大影響:造り手との意志疎通編 -3-

そんなお父さんが「おぉっ」と思った車は、エコロジーが叫ばれる今時ではない「走り」「運転の楽しさ」を意識して造られた車だ。 昔、貰った古い車にこの類の車があり、ビッグバイクでは感じなかった一体感や悦び、楽しさがあった。その昔の車の意志を引き継…

家づくりへの二大影響:造り手との意志疎通編 -2-

ある日、お父さんのお父さんが家を購入した。青天の霹靂、寝耳に水、だ。 それまではボロ屋ながら通学には支障がなかったのだが、その家は立派な新築ながら通学には不便。 そこで思い至ったのは、やはりカネもないのに何故か中型バイク通学。公安委員会に飛…

家づくりへの二大影響:造り手との意志疎通編 -1-

お父さんの家づくりに影響を与えた一つは、車だ。たかが車、されど車だった。 生駒の傾斜地が頓挫して、しばらく経った頃だったように思う、現1台目の車を購入したのは。 家さがし以前から、カーシェアリングとお父さんが求めるものがマッチングしていなかっ…

振り返り近代日本住宅史(超簡略版)

近代日本は都市化が進む事で、都市部の住宅不足は深刻的だったそうで。 都市に流入する人は、基本的には地方の次男坊や三男坊などで、なおかつ裕福な人達ではなかったと思われるので、頑丈で立派な家には住めなかっただろう。そもそも、大きな柱や梁の立派な…

木造だって長寿命、のはず…

土地探しは継続しながらもこれを契機に、それまでも抱いていた現代住宅に対する不信感や疑問点などなどが頭を巡るようになってきた。 基礎コンクリートの寿命にちょっと触れたが、お父さんの裏テーマ「引き継げる家」としては現代住宅は寿命が短すぎる。 確…

エアコンVSテープ&加湿器

施主の直営工事のプロデュース、言いかえれば工務店に成り代わるようなサービスを行っている方は、傾斜地対応基礎コンクリート案について「可能性がある」旨を言っていた。が、現地で施工業者氏の話には一切入って来ず。この事で、「本当に施主の立場になっ…

予算引上げと住宅プロデュース

不動産にお買い得なんてないと思う。そんな物件があれば仲介業者は一般客に出さない。自己取得し宅地業者、建売業者など転売する等して自分の利益にするからだ。 「自己取得まではしようと思わないが…」という程度の物件は、上得意など内々に情報を回してし…