読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

漆喰塗りプロローグ

 漆喰を塗るまだ前段階なのに、既に話が長い。写真も無く文字ばかり。読む方はしんどいだろうな、書く方もしんどいけど。答えだけ書けばお互い楽なのだけど、そうなると今度は漆喰施工がよく分からない事になるかもしれない。

 と言うのも、お父さんがそうだから。こうするんだと書かれていても、これがよく分からないんだな。本職でも出来ない、した事が無い人がいる施工なだけにか、痒い所に手が届くような記述は見つけられず。逆に凄くよく見当たるのは、素人向け等の加工漆喰材を使った新建材壁への施工関連を除くと、「素人には無理」という漆喰関係者の言のみ。

 どう無理なのか、それにどう足掻いたのか。そんな事を書くわけだが、それに触れておけば、いざ自分がする際に理解や対応がし易いかもしれないと思うんだな。なので、もし二人が、若しくは孫等が、お父さんと同じ様な施工をしないのであれば、以降の漆喰関連記述は読み飛ばせばよい。

 

 それならば、本漆喰施工記事の最初にそう書いといてくれ、と思ったか。それだとお父さんの悪戦苦闘ぶりが無かった事になってしまうじゃないか、という理由もある。本職なら出来上がった結果で報われるかもしれないが、そこは素人先祖の施主施工。目の前にあるその壁は当たり前ではなく、壁と成るに至る迄の苦労の過程があった。それぐらいは知ってもらわないとお父さんが浮かばれない。なので大目に見なさいよ。

 

 さて、材料の準備は出来た。マステ等養生は一年前にはとっくに出来ていて、寧ろちゃんと剥がれるのか心配なぐらい。最低限の道具も既にある。無いのは知識と経験と技術。それは実施工で獲得を目指す。と言う事で練習施工。練習箇所は甲乙の各面を定めた。

 甲面は、元階段下収納であり薪ストーブ西側にある半畳区画にある壁。用途は本決定していないが、恐らくまた収納。その区画の開口部上方の壁が、広さといい、見えなくなる場所といい、練習には打ってつけだと。

 乙面は、薪ストーブ上方の壁。見上げれば容易に見る事が出来る位置だが、普段はまず見えないし、見ようともしないだろう。その上で、甲面と同程度の面積。そんなわけで練習壁とする。

 

 ところが、この二面だけとはならず他、丙面と丁面も追加。まぁ、それだけ難航したという事。それら含めて書いていこう。

f:id:kaokudensyou:20170527223921j:plain

 

広告を非表示にする

砂漆喰を作ってみる

 水引き対応法のもう一つは、砂漆喰施工。

 これは昔ながらの方法だそうで、仕上げの前にこれを下塗りして下地からの水引きを緩和させる、との事。他、骨材となる砂を入れる事で強度を高める目的もあるそうだ。セメントに砂を入れてモルタル、さらに砂利を入れてコンクリート、と同じだな。また、下地状態によっては不陸調整もあるだろうか。

 

 シーラー法を横に置いておくと、どうもこれしか方法がなさそう。という事で砂を買っておいた。購入品は珪砂6号。珪砂とは、石英の粒でガラス等の原料。号数は、その粒の大きさを差したもの。6号だと0.2㎜~0.4㎜。珪砂の採用理由は、どうも工場で加工されているっぽいから。

f:id:kaokudensyou:20170520222545j:plain

 

 由良川砂も含めた普通の砂は、建材業者が篩いを使って大きさを選別しているイメージ。標榜している粒径は目安という感を強くした。一方、珪砂の工場加工されているイメージ要因は号数というその標榜から。粒径を各号数で分けられその寸法はコンマミリ単位。さらにはコンマゼロミリ単位。

 そんな中に、普通の砂のような5㎜強とかの大きな砂が入っているとは思えん。この微細な数値からは技術と粒度の自信を感じちゃったので、普通の左官砂を避けて珪砂を信用してみた。

  

 で開封。見事なまでの微細粒。お父さんの信用に応えてくれた。薄塗りする漆喰にこの均質性は有難い。

 ただ、左官砂である川砂は角が取れている事が肝要と認識。大いに加工されたっぽい珪砂は角張っているんじゃないか、と後日調べてみる。すると、本職でも珪砂使用例の記述があったので良しとする。

 ちなみに、漆喰の強アルカリ性に対応する骨材として、寒水石という物もあるけども。それも後日知る。

 

 で配合。一体どれほど石灰に加えれば良いのだろうか、とお父さんの左官教本であるサイトを拝見。

 そのサイトと言うのは、ある建築事務所により伝統構法民家の復元新築工事の公開記録である。お父さんは設計時に発見し、本施工の土壁全般において大いに参考にさせてもらっている。特に、材の配合内容とその割合。

 今回の砂漆喰でも参考にさせてもらおうと、いつもの手順で拝見しようとするも消えている。大いに焦る。記載文言を思い出して検索すると、再び見つかった。プリントアウトすると大変なので横着しているのだが、これには冷や汗が出た。

 自然素材建材や伝統構法についての記述は限られていたり偏っていたりして、ましてや配合等については数少なかったり皆無だったり。特に左官は難儀。現場次第、気候次第、職人次第、さらに鏝捌き等と違って材配合は目立たないから、かもしれない。

 

 無事に見つかった当該サイトによる所から、お父さんが仮「決定」した砂漆喰配合。

 石灰10kg+珪砂11kg+海藻糊320g+麻スサ20g

 

 「真似」ではなく「決定」としたのは真似られないから。

 当該サイトでは、石灰に貝灰も混ぜている。海藻糊も複数種。それに、単なるスサだけでもなさそう。対してお父さんの実験用手持ち材は、既購入漆喰材内容物である石灰のみ10kg、海藻糊1種のみ160g、単なるスサ状の麻と称される植物繊維のみ10g。

 ズブの素人からすると、真の左官職人ではなく素人相手の建材業者を基本にしないと諸々厳しいような気が。と言う事で、当該サイトの消石灰割合に対して砂割合を算出、その結果である重量比1:1.1のみを真似る。骨材により重量がほぼ倍になった事から、糊とスサも倍増させてみた。本当は重量比ではなく容量比に応じた増量ではないか、と後から思ったけども。

 

 という事で糊とスサは不足。よって、別途左官建材業者から急遽購入。配合等を避けたくて実質既調合済品を選んだのに、結局は自己配合する事になっていく。

 

広告を非表示にする

労多くして益少なし、かもしれない挑戦

 土壁の呼吸力、またの名を吸放湿性について、これを神の如く崇め奉るような人達がいる。分からんでも無い、現代人だから。

 この事については、それぞれの立場に依ったそれぞれの主張がある。左官建材の製造や販売業者は、ビニールクロスよりも漆喰や珪藻土が快適かつ健康と謳う。その中でも漆喰取扱業者は、珪藻土は自己結合せず接着剤を使用するので吸放湿効果が無い旨を謳う。珪藻土取扱業者はそれに反論。両方を取り扱う業者は両方良いと謳う。

 

 これらを根本から否定するのが、前述の土壁信奉者かと思しき人達。片や土壁の施工や設計を行う業者であったり、片や土壁家屋の家主であったり。その主張は、所詮は新建材壁に数㎜厚の漆喰等を塗ったって、吸湿容量が微々たる物で意味が無い。下地である土壁があって初めて現実的効力となるのだと。

 

 お父さん、一部を除いて全論に素直に頷けない。前者の新建材壁に薄い漆喰等は勿論ながら、後者の土壁信奉にも。

 と言うのも、居室内湿度をとやかく言うのは現代の気密性がある家屋によって初めて成立する論で、一般的土壁家屋のような気密性の低さだと、それこそ新建材壁漆喰のように微々たる話じゃないのかな、と。

 逆に言うと、土壁と柱に隙間が無く、天井や床にも隙間が無く、外部建具等には基本的に気密性がある物を用いて、高気密かせめて中気密性能がある土壁家屋ならば、湿度論に意味があるかもしれないけども。土蔵ぐらいの気密性なら意味があるな。ただ、快適性ではなく家財等の保存性の為だけどな。

 

 伝統構法家屋の一つの特徴は気密性が低い事。建物にとって通気がある事は家屋の長寿命化に寄与する。故に気密性を求める事は、施工上可能であっても適度な加減を要すると思われる。

 で、そんな低気密、と言うか現在無気密家屋なのに、かつクーラーが無い人生は考えられなかったお父さんなのに、この母屋一階は夏場でも快適な時が殆どだ。雨天等で湿度80%以上に達する時でもだ。

 外気と直結した空間で土壁吸湿性は無意味。吸湿性が高いと言っても、せいぜいその壁周囲に影響するか程度だろう。外気直結空間の湿度で快適性を実現させる程下げる事は、当然実質不可能。

 

 土壁吸放湿性が発揮されない家屋に関わらず快適性を得られるのは、なんて事は無い、単に温度計の数値の低さだ。

 夏を持って旨とすべし、で造られた家屋は不快な熱射が居室に入って来る事を防いでくれる。屋根や屋根裏然り、長い庇然り。また、低温を蓄熱してくれる土と石、熱伝導が悪い木もそう、そして通風も。

 理論値としての快適性は、湿度だけでなく温度とのバランスによる。居室内が高温になる事を防いでくれる建材や造り方の前では、湿度なんて些細な事と身をもって感じている。まぁ、夏場に快適であっても敢えて密閉にすると、湿度が下がってさらに快適かもしれないな。だが、今度は温度が上がって不快になるかもしれない。それは未だ実験出来ないが、既に快適なんだからする予定は無い。

 

 湿度が問題になるのは基本的に現代建築であり、前提が間違っていないのかな。寧ろ、湿度等の一要素に目を捉われる視点自体が、現代建築的思考じゃないのかな。屋根等の前では些細だとしてもやはり重要だ、ともしするならば、新建材壁に塗られた漆喰だって重要となるのでは。

 各人の各論等の正誤云々の話では無い。お父さん如きに判定等出来んし。う~ん、共感出来ず懐疑的になるのはその姿勢からかな。自分の取り組んでいる事や持っている物を一番としたいという、己の立場有りき論に感じて、そこから単なるエゴイズム主張に感じちゃうんだな。

 

 そんなお父さんだけども、シーラーの土壁吸放湿力への影響を気にしたわけだ。正義感ぶって実の所はエゴイズムな論は気に食わず、結果は似ていても見方や過程は同じでは無い。長々と書いたのは、それを二人や子孫に言いたかっただけ。

 エゴではない、他人に強い主張せずに自分の中で悦に入る人。自分の嗜好や信念等で決定しそれで満足なりをしている人とかだな。若年時と比べ、そういう姿勢に憧れを抱き始めたオッサンとしては、快適性維持貢献度が些細かもしれないがシーラー不使用で挑戦してみておこうと考えた次第。労多くして益少なしそうだが、もし上手い事いけば一人で悦に入ろうと思っている。

 

水引きとシーラー

 左官は水との闘いだと表する文言があった。非常に低次元で異次元ながらこれを味わったお父さん。

 目下予想される最大の課題は「水引き」。一体、本手記において幾度書いただろうこの単語。本職が試行錯誤されるものを、中塗土にでさえ錯乱してきたお父さんが乗り越えられるのだろうか。漆喰大量購入をしていなければ、もしかしたら中塗土仕上げにしていたかもしれない。って、それは無いな。ならば、やるっきゃない。

 

 練られた漆喰を見ると、本当にクリームのような液体。しかし、実際は微細粒子の塊。チムニー石灰モルタルでこの意外性を体感。この事から、水引きが起こると手が付けられない事はお父さんでも想像は出来るようになった。この対応法として、大きく二通りがあるようだ。

 

 一つは、シーラー塗布。

 左官工程や材料を調べていると、シーラーという言葉を大体目にする。シールになる材、という意味じゃないかと思う。下地と塗り材間の接着力が心許ない場合、これを下地に塗布しておく事で塗り材の付着性を高めて剥離を防ぐ為の補助材だ。似たような材でプライマーと言う付着補助材がある。しかし、これと違ってシーラーの役目はもう一つあり、下地をシール、塞いでしまうという事。厳密には違うかもしれんが実質そんな感じ。

 これは、下地からの塗り材吸込みを止める事である。吸込みを止める。そう、シーラーは、表面材の漆喰内の水を、下地の土壁に、吸われる事を、止める、若しくは軽減させる、という材。そんな非常に有用な材だそうだ。素人でも漆喰が簡単、という文言にはこのシーラーを使う事が大前提と明記、若しくは見受けられる。本職でもシーラーを使って漆喰施工を行っている方がいるようだ。

 

 一方で、このシーラーを嫌う向きがある。原理主義とかまで酷くなく、お父さんも共感可能な自然素材嗜好者の人達だ。

 漆喰を採用するような施主なのだから、きっとビニールクロスと接着剤を避けたいわけで、なのにシーラーを使うなんて二律背反だ。だからだろう、新建材下地の壁にシーラーを使わずに施工している事例も大いに見受けられる。

 

 だが、やはり未熟者には打ってつけの王道施工法には違いない。違いないのだけど、迷いを経てシーラーを使わずやってみる事にした。それは、土壁の呼吸力を阻害するんじゃないか、という考え。

 

広告を非表示にする

だけど糊を侮ってしまう

 二日後、新たな疑問。張って置いた水はどうするのだろう。

 購入先サイトでは、余分な水は捨てろと書いてあった。しかし、この水は捨ててよいのか。糊が混ざっている水じゃないのか。それを捨てるという事は、糊の含量が減るという事ではないのか。よし、混ぜてしまえ。

  お父さんはそうして再び練った。すると、当然ながら漆喰粘度はユルユル。柔らかめのホイップクリームから、溶けたチーズに様変わり。鏝板に乗せると流れこぼれそう。鏝で取る事が出来ずにただ付着させる感じ。こりゃダメだ。

 

 何をとち狂ったかと思うだろう。しかし、湿式材をお父さんは知っている。後学の為にも一応やってみて、もしダメならまた水を取れば良い。そういう算段がちゃんとあったのだ。水を取る方法はお馴染みの沈殿法だ。暫く置いておけば水以外が沈んで、相対的に水が表面に浮いてくるのだ。その際は、糊が多少減るのは仕方が無いだろう。

 浮いて来た水が集まって溜まるように窪みを設けて置いた。が、いつまで経っても水が出て来ない。ただただ漆喰表面が乾き気味になっているだけ。

 

 やってしまった。よくよく考えると糊が入っている。水を材に留める糊が入っているのだ。沈殿して水が浮く、なんて土材のような事にならない。例えるなら、プレーンヨーグルトを保管していても、水とその他が沈殿分離しない感じ。やっと自分がとち狂った事をしたと確信。

 しかし、捨てる事なんて出来ない。王道対策としては消石灰を追加するのだろう。しかし、今回は実験。こんな自分に、高価な当材を実験用にまた使いたくない。そもそも、追加消石灰がダマになりそう。

 

 じゃぁ、強制乾燥だ。という事で、漆喰を屋外に持って行き日光と外気にあてる。

 不安なのが粘度の臨界問題。急に粘度が緩くなるなら、急に粘度が高くなるのではないか。まぁ、それは良い、また水を足せば。これ以上に不安なのが硬化開始問題。こうなるとどうしようもない。乾燥した消石灰は恐らく硬化反応が始まるはず。

 全作業停止。適時、漆喰を攪拌する事に。その日は快晴かつ過乾燥。水を蒸発させるには良いが行き過ぎそうで怖い。よって、付きっ切りで漆喰に張り付く事にしたのだ。

f:id:kaokudensyou:20170521163554j:plain

 

 作業服ながらほぼ何もせず、天気が良い日に外でじっと座る。お父さんの人生の内、こんな日はあっただろうか。退屈が過ぎる。

 よしならば、と読みかけの書籍を手にする。ほぼ同郷で同じ学区育ちの直木賞作家、西加奈子著の小説。休日日向で小説に読みふけるお父さんを見て、お母さんは幸せを絵に描いたようだと表していた。まぁ、確かにそう映るだろうな。己の愚行によりひょんな事から穏やかっぽい読書日に。だけど心中は全く穏やかじゃない。

 

 粘度が上がり始めたがそれ以上は怖く、また全作業停止をしていられないので、後日暫く屋内にて適時攪拌を継続。結果、6日を要した。自業自得ながら前途多難。