読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

横短材回転

施工:母屋土壁 建材:木材

 はい、次。東半分側の腰壁の横材を入れる施工。こういう材の名称って何と言うのだろう。「腰壁天端材」でいいか。この材についても不甲斐なさに見舞われる。

 

 柱は購入材を使用したが、当材は材確保から。どうにもこうにもストックに良材がもう無い。本当に良材っぽいものは他で使う予定。という事で、節は多いが形状優先の解体敷居材に決定する。これでも当現場では良材の方に類する解体材。見せ所には真の良材をふんだんに使ったこの家の建築主が泣いているかもしれん。悩む事30分に煙草3本とを要して意を決する。

 

 自動カンナとソーテーブルと丸鋸で成形。鉋から筋が発生中、かつ節の配分からして鉋は断念、ベルトサンダーで表面処理を妥協。意欲満々でない時の節材鉋掛けは辛いのだ。

 当材の取付方法は敷居材と同様とした。一端部にホゾを設け、反対側端部にはホゾ穴を掘って置く。当材ホゾ側を柱ホゾ穴に差し込んでから回転、反対側に柱に差し込んでおいた雇実でこれを受け水平に。最後は、その側と柱に掘られたホゾ穴に楔を打ち込んで固定。解体工事期の既存敷居撤去の際に学んだ横材取付方法、それをそのまま真似る事にした。その為の刻みも行う。土壁と接する面には前もって縦貫や竹木舞用のホゾ穴も掘っておいた。

 ここまでで凡そ半人工強。

 

 で、結果は大失敗。当材の長さが寸足らずだったのだ。原因は明々白々。書くのも嫌になる下らん程度のもの。よって省略するが、分かる人には分かる程度には書いておこう。

f:id:kaokudensyou:20170326160818j:plain f:id:kaokudensyou:20170326160824j:plain

 

 当材は、既存柱と新設柱との間に渡る。これらの柱面同士は完全に相対していない。よって、当材の端部は直角に切れば良いというわけにはいかず、両端となるそれら柱に応じた角度にて切らないと隙間が生じて恰好が悪い。以上、もう吐きそう。

 隙間があり過ぎても当材の役割は無理矢理担えそう。隙間は木詰めして埋められるかもしれない。やり直すにしても、材料が豊富でなくさらに半人工強を要してしまう。や

り直さないとかなり後悔しそう。

 日を跨いで悩む事60分に煙草6本に多分600mの歩行とを要して意を決する、やり直そうと。

 

 今度は諸々の確認も行いつつ加工を行う。入れる際の余裕、というか及び腰な逃げ姿勢として柱間の内寸と当材の外寸とを丁度にせず、1㎜差程設けて当材を敢えて短くした。これで間違いないはず。いざ取付。

 しかし、これまた上手く行かない。おかしい。内寸と外寸との誤差が出たのか、と当材を1㎜強程切る。しかし、入らない。おかしい。泣く泣く切ったのに。不安が増しながらも、さらに1㎜程を切る。しかし、全く入る様子が無い。何故だ。解体撤去敷居はピッタリ問題無く入っていた。同じ方法なのに何故。さらに切るのはさすがにマズそうだ。

 

 と、ここで立ち止まった事でようやく気が付いた。自分の馬鹿さ加減に嫌になる。よって省略したい所だが、分かる人には分かる程度には書いてみよう。

 撤去した敷居の長さは、例えば二間程。凡そ3.6m。材の厚さは凡そ55㎜。これに対して当材は、長さが0.8m程しかないのに厚さは45㎜程もある。二人には分かるだろうか。回転入れする柱にも同じ問題が起こる。よって、柱の足元は回転円の円弧に合わせるように斜め切除を行っている。ここまで書けばどう。これ以上の説明は出来ん。もう目眩がしそう。

 

 もう一度やり直す材も気力も無し。5分と煙草1本で決断、このまま取付。結果、見ての通りの当材両端と柱との隙間は1㎜強透いた状態。この時、改修工事よりも、何も無い新築工事や再生工事の方が余程楽じゃないのか、と隣の芝生は青い心理の過去最高点に到達。塗装と取付も含めた当材だけで、1.5人工弱も要した諸々苦い施工となる。

 

広告を非表示にする

十字材回転

施工:母屋土壁 建材:木材 道具・設備

 計画は出来た。いざ実行。毎度ながらの木材回転入れ。素直に普通にガツンと柱等を入れたい所、そうは問屋が卸さん改修工事。あれやこれや考えた挙句、当該箇所の東西を分ける柱は上部をホゾ、下部は雇実とした。

 

 上部を中心として回転差しの上、最後に下部を柱と雇実との楔止めとする。それらの為のホゾ穴を既存材に施す。また、土壁となる為、貫のホゾ穴を掘っておく。

 綺麗な既存材に刃を入れる事に未だ抵抗があり慣んのよねぇ。ただ、赤いスポーツカーには新車早々、内装を切り欠いてETC機器を取り付けた。軽トラには新車早々、荷台に孔を開けてクレーンを取り付けた。それに比べればまだマシ。

f:id:kaokudensyou:20170326163338j:plain

 

 ちなみに、雇実材は桧にした。楔も桧。何故か。それは、雇実用の樫不足であり、桧は杉よりは硬いから。以上。

f:id:kaokudensyou:20170326155930j:plain

 

 勿論、柱にも刻む。

 上部のホゾ、下部には雇実が回転挿入される為のホゾ穴と楔穴。今回は楔だけに頼らずに雇実を効かせる事を模索。伝統構法が柔軟で強い理由の大きな要素と考えているのはホゾの長さ。深いホゾ穴に長いホゾを差し込む事だ。後入れ材はこのようには行かずにホゾが短くなる、お父さんの場合。

 当該壁は構造に一定の寄与を求める事からちょっと手を加える。大引に差し込んでおく雇実を柱を入れてから引き揚げて、柱に引っ掛かるようにする。効果は不明だけども。

f:id:kaokudensyou:20170326163836j:plain f:id:kaokudensyou:20170326163844j:plain

 

 そしてオマケに貫用のホゾ穴も掘って置く。別に柱を建ててからでも良いのだけど、馬の上に柱を置いてやる方が楽で早いから。お父さんは手が遅いので、こういう所で少しでも時間と労力を節約するように心掛けている。それでも遅いけど。

 

 そして、杉柱への鉋掛け。真壁家屋で避けては通られないこの作業、未だに緊張と苦労と失敗が付きまとう。最近、鉋刃を砥いでいないから尚更で自業自得、相応の時間と鉋屑を要す。

 それよりも問題なのが、鉋により筋が起こる事。この原因は恐らく、鉋台材である樫の「目」というのか、木肌にある茶色の点々。それが単独で立ってしまって杉材を掘ってしまう。同様の事が、鉋道に入った頃の替刃式鉋使用時にも起こった。数㎜は鉋台を削る事になったが、それでも「目」が出て筋が付く。結果、本式鉋を揃える事になった。しかし、本式鉋で鉋台の「目」問題が解決するわけでもなく、時にこれに悩ませられる。

 この対処法は未だ不明。一削り二削りする毎に鉋台を確認し、立ってしまった「目」を除去して削るの繰り返しをするだけ。非常に効率が悪いし、一々止まる鉋により出来栄えもイマイチ。

f:id:kaokudensyou:20170326164134j:plain f:id:kaokudensyou:20170326164326j:plain

 

 という事もあって、凡そ1人工は裕に要す。ここから実際に建てたりするわけだが、ここでも非常に難航。それは、柱を回転させながら貫を同時に入れる事を目論んだ為。建てる前の柱に貫を差しておいた状態から開始。西半分壁の上部貫は、柱建ての過程で良き所にて差し込む段取り。

f:id:kaokudensyou:20170326155936j:plain

 

 本来、貫のような12㎜か15㎜厚の長い板は、柱が建った状態にて曲げながら差し込んで行くと思う。貫板を受ける端部側のホゾ穴は深くしておいて、必要以上に差し込んでおく。例えば、貫の差込寸法をを3cmにしようと思えば当該ホゾ穴は6cm強だ。でないと、もう一方の端部側が柱に当たって入らないからだ。深く掘っておくと、貫板をスライドさせて入っていなかった側に差し入れる事が出来る。このスライド過程があるので、貫板に対して各柱のホゾ穴はガバガバ。そこで最後は、楔を打ってガッチリ貫板を固めてしまう。恐らくこれが正解の貫の入れ方だと思う。

 

 しかし、お父さんは当該貫板ではそうしなかった。それは、既存柱に必要以上にホゾ穴を深く掘っておく事を避けたかったのだ。何故なのか。何故なんだ。今となってはよく覚えていない。既存材の欠損を最小限にしたかったのだろうか。深く掘り過ぎて貫通、お隣さんにコンニチワとなる事を恐れたのか。既存材にホゾ穴を複数掘る事で深く掘る事が億劫になったのか。

 

 何にせよ、これにより貫をスライド差込ではなく回転入れとなった。これを柱の回転入れと同時に行う。結果、貫端部を途中で切り欠きながら無理矢理差し入れ、その後も楔で無理矢理固定。我ながら後悔した。

 それでも一応形は成した。この格闘に凡そ半人工も要してしまう。

f:id:kaokudensyou:20170326155941j:plain

 

広告を非表示にする

埃の設計

設計・施工・伝統構法 施工:母屋土壁 施工:造作

 ただ、この方向でずっと検討していたが、決定にはなかなか至らない。それは、どうやって作れば良いのか見えないから。

 構造に寄与する木組み方となると精度が求められるはず。その自信が無い。さらに、この格子壁は通風させたくない遮断壁。となるとガラスを挟み込みたい。これによりさらに造作難易度が高まる。また、構造壁としての特性が不明。強さの指標は法律に明記されている。だが、剛構造か柔構造か分からない。

 

 施工面や構造面だけの引っ掛かりだけではない。使用面でも引っ掛かる事がある。それは、埃。 

 お父さんは石タイル貼の壁の意匠が好き。その類の意匠がフランク・ロイド・ライトの影響なのかは分からんが、今やそのような住宅は国内にも数多ある。お父さんも新築や在来工法中古住宅検討期には前向きに採用する気でいた。ただ一方で、凸凹した壁での埃堆積は如何なものかが気掛かりだった。凸凹した石タイル貼壁にも埃は堆積するんじゃないか。目立つかどうかだけの問題じゃないか。

 改修前の障子が沢山あるこの家で、その桟に溜まる埃を掃除するのはお父さんの役目となっていた。お母さんはいくら言ってもそこを掃除しないからだ。他人の家なら入るのに、自宅で自分が気にしない事は視界に入らない不思議体質なのだ。埃堆積事例を見付けた事で嗜好よりも現実を採った、デカイ家での掃除負担軽減の方をだ。

 

 設計者の立場なら、埃堆積とかは別にどうでもよいのだろうか。採光やら陰影やら動線やら使い勝手やら、住宅設計者によって注力する所は様々のように思われるが、埃堆積を考慮に入れた文言や発言には終ぞ触れた事が無い。実際にそこに住む者にとっては侮れない事柄だと思うんだな、埃って。

 という事で、設計者であると同時に使用者でもあるお父さんは、設計する際にはほぼ全箇所において、埃についても考えてみている。だが、その全てについて埃対応が出来ていない。埃に重きを置くと出来ない事が結構増えてしまうんだな。だから、設計者は目を瞑ったり考慮しないのかと勘繰る。

 

 将来、全自動全館埃吸引マシーンとか出来るまで待たないといけないっぽい。それまでの間を格子壁の埃と格闘していく気になれない。特に、階段踊り場より下部については苦戦の上に敗退するのが目に浮かぶ。

 埃が溜まりにくいような、或いは、埃が溜まっても掃除がしやすいような格子壁。そうなると、障子のような細い桟による格子模様のガラス壁しか思いつかない。ならば、もうガラス板だけで良いような気がする。階段踊り場に面する大きなガラス板。割れたら大変。となれば強化ガラス。となれば高価。だけど、構造面の寄与は無し。意匠的にも無味乾燥。

 という事でやはり何ヶ月も答えが出ず。しかし、施工が差し迫った。こういう事が多い事が、他の施工にいきなり切り替えるのを困難にさせている一因。そうも言っておられない。

 

 それを踏まえてようやく出た解答が腰壁案なのだ。階段踊り場辺りを境に、掃除がしにくい下部は土壁、上部は強化ガラスと木格子。格子は階段からの転落等によるガラス防護の為、そして後はデザインだけの造作物だけだ。

 こうなるとお父さんの施工技術でも可能であり、設計していても苦にならない。埃が極力溜まりにくくするには、単純に横桟をあまり設けない事かと。となると縦桟だけの千枚格子かな、とすぐさま浮かんだもののこれは違うと思い出す。以前の施主施工で同様の目的により同様の造作を行ったが、格子枠下部に溜まる埃の掃除が手間を喰った。

 

 横桟も縦桟も少な目に、だけど陰影を感じられそうな。すぐ横に位置する引戸障子の桟がこれに類するし整合性もあるが、何だか詰まらんなぁ。と思い付いたのが、ライトの作品で見たような気がする窓ガラスの鉄格子。ライトのは材が細くて軽やかな印象だが、お父さんのは木格子なので太くする。それにより印象は変わるが、それなりに満足な物になりそうな気がする、設計上は。

f:id:kaokudensyou:20170326140148j:plain f:id:kaokudensyou:20170326140156j:plain

 

広告を非表示にする

お父さんの建築嗜好

設計・施工・伝統構法

 長々と書いたのは、まだ当該箇所の西半分の壁の事だけ。より時間を要して悩んでいたのは東半分の壁。

 

 お父さんは日本建築が特段好きだったとかでは無い。現代日本建築はよいそうでは無い。どちらかと言えば近代西洋建築が好みなんだな。それを自覚する前で単一通貨ユーロがまだ無かった頃、西ヨーロッパを貧乏放浪一周建築旅をした事がある。

 

 その中で、マルクを持って回った西ドイツは詰まらんかった。戦火で丸坊主にされた所為かと思うが、街並みは現代建築が殆ど。同じく焼野原になった日本とは違うには違うが、勉強が足りなかった事も付け加えてなのか、異文化の伝統性を感じるには至らんかった。と言って同じ敗戦国でも早々に降伏した不甲斐ないイタリアは、伝統的建築物が多くあったがローマ文化色が強過ぎ。言うなれば、現代に繋がっていない別世界で観光地って感じ。

 

 近代建築の三大巨匠の一人、ル・コルビュジェの作品にも複数訪れた。

 その一つには電車で上手く行けず、英語が全く通じないフランス人のおっちゃん運転手と何とかコミュニケーションを取りタクシーで向かう。しかし、メーターが予算を上回りそうになり「Stop, please!」と言っても通じず。「Stop」が通じない事に驚愕。もしやわざと通じないフリをする保守的フランス人なのか。ただ、その少し前に「Yes」が通じなかったロシア人青年に出会っていた。マジかもしれない。

 慌てたお父さんは形振り構わず身振り手振りで止めてもらって降車。120フランぐらいだっただろうか、結構な郊外で何も無い殺風景な所。そこから数時間掛けて重たい荷物を背負いながら徒歩で目的地に行き、さらに数時間掛けて最寄りの無人路面電車ような駅に行き、次の目的地のパリには深夜着。安宿を目指した事もあってか人通りが無く恐怖心を感じながら無事到着。しかし、そうまでして見たその作品に全く感動等はせず。

 

 同じく三大巨匠と挙げられる、ミース・ファン・デル・ローエ。この人の作品でも、特段の想いには至らず。その後、建築を離れてから思ったのは、お父さんはもう一人の巨匠、フランク・ロイド・ライトが一番好きだったという事。行くべきはヨーロッパでは無くアメリカだった。こんな体たらくだから建築から離れる事になったのかもしれん。

 終の棲家探しの新築構想期、瓦屋根で真壁で土壁という選択肢は全く出て来ず。地中海沿岸地域にありそうな、石板葺屋根で白亜な家屋を検討していた。二人はどう思うかな。そっちにしてて欲しかった、と言うだろうか。お父さんが生きている間にそういう事は言わないでよ。

 

 さて、そういうお父さんが、東半分壁で真っ先に思い浮かんだ仕様は全面ガラスブロック。東半分はリビングに懸かる事から採光目的もあるのだが、デザイン要素が大きいかな。だが、この純日本家屋に合うのか。合わんよ。どう考えたって合わん。いや、一応、考えてみた。しかし、合わん。ここから悩む日々開始。自分にではなく、この家に合わせる。なんて難しいんだ。

 

 無難なのは、いっその事の全面土壁。採光は別に良いとしよう。どうせすぐ隣には障子がある。漆床にとっても直射日光が入らない事は良いだろう。だが、どうも重ったるい感じがしそう。階段という縦動線と接する壁だけに、無難な土壁は詰まらん感じもある。

 

 ならば格子はどうかいな。日本建築において、いや、建築において光と影は重要素と思う。光だけでもダメで、影だけでもダメ。その調和であったり、対比であったり、変化であったり等々だ。これを操られる人は、所謂凄い建築家と目されると思うんだな。日本の伝統的な立派な家屋には、この要素が意図して多分に盛り込まれたりしている物がある。でも、大袈裟でも華美でもなく。

 お父さんがこれをどうこうするのは、鉋掛け等々以上に無理難題。という事で普通の格子を検討。しかも、壁として強度がある格子壁はどうだ。格子壁は、建基法でも認められた構造壁となるのだ。いいかもしれん。

 

広告を非表示にする

木造軸組工法と木造壁式構造

設計・施工・伝統構法 施工:母屋土壁

 ターゲットは書院があった所。ここに壁を新たに設ける。

f:id:kaokudensyou:20170324193639j:plain → f:id:kaokudensyou:20170324193835j:plain

 

 初期からある時期までの設計では、当該場所に何かしらの壁は設けるには違いないが、一部用途が違っていた。書院が無くなる事で、南側縁側の西奥が無為の場所となる。よって、書院西半分側は中庭植栽用具等の物入れにしようと計画してみていた。東半分側は単なる壁か、階段通路かと。

f:id:kaokudensyou:20170324193650j:plain

 

 ただ、よくよく考えるとどうも腑に落ちない。

 前出の計画で行くと、どうせ使っていない雨戸の戸袋撤去は良いとしても、池っぽい窪地の対処が必要となる。ここに橋を架けて物入れ動線とする。雨がその橋に跳ね返り周囲を濡らしまくる。う~ん、良くない。物を置く場所にも困っていない。お隣さんとの板垣の取り合いも面倒になる。それらの上で、縁側と物入れの仕切り壁を設ける意力はとても湧かない。

f:id:kaokudensyou:20170324193829j:plain

 

 という事で、階段が矩折階段となった事もあり、書院があった場所は全面壁とする事になる。この次の問題はどのような壁にするかだ。西半分は、床の間があった所に造作収納になる事からもただの壁。これは決定だがどういう構造壁にするか、これに迷い続ける。

 

 結論から言うと土壁だ。理由は、耐震性向上の為。

 従来の日本家屋大体全てにおいてだと思うのだが、南側は開放的になっている。壁が極力設けないのだな。この南側の壁量の少なさは、学者や設計者や業者は危険だと言って問題視する。鉄骨造等は除き、現代の在来工法木造住宅はにおいては一定量の壁が設けられるようになった。それもこれも、地震による倒壊の一因とされてきたようだ。いくら南側以外は壁が多くともバランスによって成り立つ建物において、南側だけ崩れて他は大丈夫とはいかないわな。

 

 さて、この家も南側が危弱な構造だとなるわけだが、お父さんはそうは考えていない。専門家と呼ばれる方が指摘しているのは、特に戦後に建てられた細い柱の家屋である。例えば、この手記が読まれている頃には無くなっている予定の納屋。資材置き場兼土壁材量取り家屋となっているが、現在の状態は安普請な家と同じような状態に近い。これは流石にお父さんも大丈夫だとは思っていない。解体までに大きな地震が来ない様に祈っている。

f:id:kaokudensyou:20170324193841j:plain

 

 で、伝統構法も在来工法も何かしらの分類だと同じ「木造軸組工法」とされているらしい。それが間違っていないなら、お父さんは在来工法に関しては「木造壁式構造」と称する方が正確じゃないのかと真剣に思っている。一般的な住宅は、不足の戦後の時も豊富かつ安価な現代でも木材が細い。いくら金物で木材同士を緊結させてもこれでは家屋を保たせられない。よって、壁。合板や筋交等を入れてガチガチにする。柱や梁は壁を造る為の枠材か、と思う程に壁はとても重要。

 翻って伝統構法は壁は補助、馬鹿太い木材による軸組によってだけでも建物として成立するような作り方。例えになるか分からんが、ホームセンター等で売っていて自分で組み立てる金物多用な家具と、家具職人が金物を使わずホゾ等で組んだ家具の強さと柔軟さの違い。同じ家具でも物が違うんだよ、物が。在来工法の知識で伝統構法を考えてはいけない。専門家と言われるような人間でも、混同している思考者は結構少なくないと見受けられる、と口を酸っぱくして繰り返し書いておく。

 

 そう偉そうな事を書いている自信たっぷりのお父さんなのだが、当該場所への壁設置欲求はあるのだ、まさに耐震面で。所詮お父さんは、在来工法にたっぷり浸って来た現代人なのだな。

 だからと言って在来工法的壁、構造用合板や筋交入りの壁等は以ての外。家屋の動きを阻害するかもしれんので。耐震面、正しくは吸震性を得る為ならやはり木造軸組の補助的な土壁。この箇所に入れると量相応の効果があると思うんだなぁ。ここに至る事自体は迷わないのだけども、手間と材料面で躊躇い、まだ先かと決断していなかったんだな。このまま未決にするとブラブラする事になるので、王道を貫く事にした次第。