家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

10cmの大峡谷

 さぁ、やってまいりました。平成29年の主目的施工、薪ストーブ設置作業。

 

 どこかで書いたかすっかり忘れたが、薪ストーブ本体重量は数百kg。可能分解限界まで分解した本体部重量は、見つけた以前の記載から118kg。何にせよ、怪人級の人以外から見るとどうやっても重い。

 実はズリズリ横移動だけだとお父さんでも何とかなる。だが、問題は障害物。設置場所炉床周りには上框枠があり、これを跨ぎ越えしないといけない。さらにその手前、現況仮置き中の捨て板の床と炉床間には隙間がある。枠と隙間、ざっくり10cm程の距離、そして床と框枠との高低差は1.5cm程がある。

 

 二人、特に、忘れん坊で都合の悪い事はさらに忘れん坊、かつお調子者のお母さんに激似する片鱗が強烈なりょうすけは、たかがそれぐらい、大袈裟な、とか思うんじゃないか。この半分の重量でもどうなのかという所、118kgを馬鹿にするな。ウェイトリフティング選手になった自分には余裕だから、とかでも凡人のオッサン一人だけという事を考慮しろ。

 ならば、オッサン一人以上ならどうか。しかも、この手の事に有能なお人ならば。例えば、探検さんのような方がいれば安心感は絶大。不安なく楽観しか無い。だけど、彼は東方の都。甘え下手お父さんは、万が一近郊におられたとしてもお願いする事は憚られる。この手の事に協力してくれそうな友人は居るには居るが、同じく頼み難い。となるとオバサン一人のみ。不安しか無い。そういう事で、何とか知恵で障害を乗り越えると腹を括る。

 

 あれこれ模索と試行をするも見通しが暗い。最終手段はチェンブロック使用。だが、10cmの大峡谷の上部は丁度小壁有り。よって、かなり手前から長い橋を架けて渡る、とかのとんでもなく面倒臭い方法になりそう。なのでこれは最終手段。

 まぁ、勿体付けても意味無いので書いちゃうが、結局は人類の伝統秘儀であるコテの原理を用いる事で解決。真竹か孟宗竹かを本体底にあてがう事で、持ち上げながらの移動が可能に。知恵とコテの原理により人類は不可能を可能にどれ程してきた事か、と改めて実感。

 

 さて、数値は小さくとも大きな障害を乗り越え設置、となる所で予想外の躓き発生。本体と煙突との接続には煙突の加工が必要、さらに煙突の取り外しが簡便じゃない事を発見。薪ストーブについては色々座学をしてきたつもりなので、前者は覚悟をしていた。しかし、後者についてはその手の記述は見た事が無い。接続部の煙突は伸縮式。故に、伸縮さえさせれば簡便に脱着出来ると想像していたがハズレ。

 

 こうなるともう一つアテがハズレる。煙突内へのダンパー後日設置だ。ダンパー無しで本格稼働をさせてから、必要性を感じたら購入の上取付。そう考えていたが、後日取付は面倒臭い感がお父さん内で急上昇。煙突は筒先棟超えの直管7m。確認せずともドラフトが強いはず。確認せずともダンパーは要るはず。何なら要らなくても付けておこうと思う程、後日別途取付は猛烈に嫌だ。薪ストーブ本設置は延期、ダンパー迅速発注。

  数日後、ダンパー納品。煙突部材加工の上、ダンパー取付、そして薪ストーブ本体の本設置。後日、試験稼働。施主設計の中心の一部であり、長きに渡り吟味と購入計画を行い、だけど長期放置鎮座させ、施工目標とし、そして設置にようやく至った。そりゃ稼働させたいに決まっている。

f:id:kaokudensyou:20180108165049j:plain f:id:kaokudensyou:20180108165107j:plain

 

 とは成らなかった。試験稼働させたのは、煙突階層貫通部の温度状況と通風具合を見るという、次の部材発注と施工計画の為。後、薪材消費も少しは進めないいけないという事から。 

 我ながら冷めているが、所詮は暖房器具なんだなぁ。床も窓も建具も全部無くてあまり暖を取れず、ゆっくり座って寛ぐ所も無い半屋外状態。暖房器具としてもだし、憩い機能も発揮出来ない。

 

 そもそも物珍しさもロマンも特に無い。薪ストーブを題材にしたユーザーによるブログを複数見てきたが、それらほぼ全部の更新は途絶えていた。そりゃそうだな、趣味が薪ストーブだというような人じゃない限り、導入初期はネタがあるだろうがしまいに書く事が無くなるだろう。だって、やはり所詮は日常品である暖房器具だから。輸入され始めた150年前ぐらいかに灯油ストーブ日記、とかを書くようなもんだな。

 導入初期でこの感じなので、お父さんの薪ストーブとの格闘記は多分これでお終い。本格稼働やら煙突掃除やら薪ストーブ料理やらネタは生じそう。そもそも薪作りでネタは色々持っている。だけども、これを読む頃の二人にとっては何の事は無い日常だろうからな。はい、お疲れさんでした。

 

広告を非表示にする

見えない事

 この手記では、費用等と違って素人や門外漢ではどう足掻いても分からないだろう、人工数を極力記載するようにしているつもり。だが、作業日報ではない為、二人や子孫に申し送る事の程ではないとして、施工や作業の内容自体を省略している事がかなりある。

 

 例えば、先の中塗仕上げ施工の前段階で触れたマステ養生やネタ作り。前者だけで0.3人工程、凡そ2時間半強を要している。後者だと、舟に中塗土と水を投入し攪拌機で攪拌。それ以外に、不足分の珪砂を購入しに行っている。これら総じて3時間は要したかと思う。

 南側縁側の西側半間壁において、書院造作に掛かっていた付鴨居はその分寸足らず状態になっていた。この付鴨居を、解体材から材を探し出して製材加工、塗装の上で新規取付。柱間に渡るようにした。このような全く記載省略した施工にも1時間強を掛けている。

 

 このような、軽く触れただけや全く触れていない施工や作業は相当数あり、必然、相応の人工数や費用や思考力が掛かっている。施工等に対してのお父さんのボヤキや弱音はそれらも含めたもの。

 自身の施工記録等でさえ省略しまくり。お母さんやきょうこが担った内容も同様、若しくはそれ以上になる事もしばしば。そもそも、基本的に同様の施工内容は意図して省略する自己ルール。そういう事から、お母さん達の記録は施工量と比して少なくなっている。なので、たまには意図して書いてみる。

 

 お父さんに施工意欲が保たれている状態下の現場は進む。現場が進むと手の不足感を抱く。そこでお母さんに出動依頼が出やすくなる。お母さんにとってこれは良い事か悪い事か、その人柄や性格やらで違いそうだがそれには触れない。何にせよこの時期に依頼したのは、以前も施工した事がある為にお父さんの手が取られにくい、床下通気口への金網取付。

 お母さんだけでなくお父さんもした事がある。両方、床捨て板等の塞ぎ物が無い箇所での話。今回は、キッチン予定地奥の食糧保管庫予定地の床下。当該部は既存床のままの予定である事もあって狭小。体格上、施工するには女子供の方がちょいとマシ。

 

 この家には、小鳥だけでなく野良猫も入って来る事しばしば。施工中は特に、原則昼間は玄関戸が開いている状態。食べ物探しに来る不届き者を懲らしめて反省させてやろう、と玄関戸を閉じ空気銃を準備。

 不法侵入するような悪意ある人間に対しては、過剰防衛と認定されようが半殺しのボコボコ、射撃練習の的にしてやる。それで懲役刑になっても上等、家長の男子たるもの、そのぐらいの覚悟が常に必要だと考える。だが、野良猫相手だと流石に可哀そう。それに、当ててしまうと動物愛護法に問われかねず、本物の銃の所持者としては特に洒落にならない内容での違法行為。それで刑罰くらったり銃所持取り上げという事態は嫌だ。なので威嚇発砲を試みる。

 が、この家の現況は逃げ隠れる所が盛り沢山。床下に逃げ込んだ挙句、通気開口部から逃げ出した。その後日も懲りずにまだウロチョロしている。学習不足だったようなので、今の内に塞いでおくのだ。

 

 というのは半分だけ冗談。いつかはやらんとイカン。触れば朽ちるようになっている鉄製金網からステンレス金網へ。漫画の登場人物に出てきそうなお母さんでも、流石にこの施工は出来る様になっている。きょうこと共に恙なく完成。ただやはり、窮屈さからしんどそう。

 その窮屈さから見えない所もあり、開口部下枠と礎石間の隙間には気が付かず。対猫には問題無いが、ネズミやゴキには無抵抗な大きさ。侵入地点から見えていたので、事前に泥土による充填を指示しておいたが不十分、再充填。敢えて書けばそんな程度だけで、他部の充填も含めて概ね恙なく。確か2~3時間。

f:id:kaokudensyou:20180107121059j:plain

 

 施主施工、特に住みながらの事となると家族の総意は必須。そもそも本職施工であっても大金を支出するんだから同様だが。

 二人は幼かった事もあってお父さんとお母さんの意思次第だな。施主施工者ブログを覗くと、共に励んでいる夫婦、何ならブログ筆者が奥さんというご家庭があった。しかし、感覚的に夫が主であり、奥さんの施主施工に対する姿勢をあまり、何なら全く感じない内容の方が多そうに思う。余談ながら古民家先輩に関しては、古民家に住む事を了承条件に奥さんと結婚されたそう。間違いなく稀有な事例だと思う。そんな先輩も含め男が主導している事が多いんかな、と見る。多数女性の新築信仰からして当然か。

 我が家の場合も、お父さんの趣味が高じて独断専行、お母さんはそれを許容している寛容的な妻、という見方をされる事しばしば。トンデモナイ。普通は世間がそう見る事はよく分かる。だが、世間の他人事への見方は所詮そんなもんだな。前述通り、お父さん自身もそうだし。夫婦喧嘩は犬も食わぬ、とは昔の人は上手い事言う。それが普遍的真実、家庭毎、夫婦毎に何かしらあるもんだ。

 

広告を非表示にする

繊維仕上壁の品位

 いざ施工。漆喰で培った施工法にて仕上げていく。まずは元奥の間の小壁狭小部への再施工。

 

 部分部分塗り法では、奥の間小壁の狭小部一面にコネコネコネっと凡そ30分。今回の通常法では、シャッシャッシャーと10分~15分。但し、泥の古色への固着を恐れて一面毎清掃並行施工。これを足すとやはり30分ぐらいになった。塗った傍から綺麗になるんだから、総施工時間を考えるとやはり早くなったのだけど。

 これを唯々粛々と続けていく。この間、先を見ない様に、何も考えない様に、ただ目の前の施工だけに勤しむ。

 

 次、繊維壁仕上げだった南側縁側への施工。今回の施工法と配合の変更動機区域に挑む。当域人工数は2人工弱。先の元奥の間と総じて5人工程だったか。

 あまり写真撮影をしないお父さんだけに、湿式施工中となれば尚更。何なら完成写真さえも縁側は撮り忘れ。毎度ながらそれは実物を見て頂戴。

f:id:kaokudensyou:20180107103031j:plain f:id:kaokudensyou:20180107103043j:plain

 

 ただ、一ヶ所の撮影はしている。元書院廻りの西側半間壁だ。

 ここの仕上がりは特にイマイチ。原因は水引き差と考える。当壁の大斑直しは部分施工。この大斑直し部での水引きは特段問題無かったが、削っただけの既存下地部の水引きがかなり強かった。水打ちにて対処をするも抗らえず。結果、仕上げ押さえ工程では差異が顕著。それは写真でさえ分かる程。もう見ない。動線から外れた奥の地、きっと竣工後も見る事無いさ。きっと無いさ。無い無い。多分、無い。

f:id:kaokudensyou:20180107102037j:plain → f:id:kaokudensyou:20180107103109j:plain

 

 気にしていたヒビについては、追加珪砂か変更施工法か均一化になった下地か、何が功を奏したのか不明ながらほぼ皆無。一ヶ所だけ発生したものの、回避しようが無い弱い下地部の問題であり、補修でヒビ埋めしておいた。

 

 ネタについて惜しむらくは、篩いがけを省略した事。前回の同施工では行ったものの、大いに水仕事となる。気温低下中な事もあって、支障ある小石等は施工しながら除去すればいいか、と。確かに施工面では異物の事は許容範囲だった。だが、施工品質面ではちょっとアウト。前回と比べると繊細さが無くなって粗さがあるんだなぁ。別室小壁である既存との差がより著しくなった。

 

 施工代としては勿論、素人施工前提でやってあげたとしての施主からの謝礼を、当然かつ気持ちよく貰えるか、とは思い難いレベル。当施工では仕上鏝を落下破損。手間暇も考えると謝礼を辞退したら大赤字だわ。

 重要だが施工意欲だけでは駄目。全ての事柄に対してちゃんと整えて施工に挑まんと、左官施工は必ず粗が出る事をまた学ぶ。これを教訓として、と言うべき所。だが、クーラーや電設配管による欠損部という一部を残すも、土下地中塗仕上げはこれにて終了。残すは新建材下地での施工。多分これは難易度が下がるはず。中塗り仕上げは山場を越してしまったと思う。

 

 ところで、施工品質面と違って思った事もある。完成状態を見て、意匠的な素朴感が高まった気がする。

 お父さんが思うに、繊維壁は現代では不人気仕上げ。在来工法家屋でビニール壁紙にて漆喰や土壁風や、土壁家屋にてやはり漆喰や中塗にて本物土壁仕上を所望する施主は結構おられるように思う。が、新築だろうが改修だろうが好んで繊維壁にされる方は希少ではないかと。お父さんも例外ではなく、繊維壁は「そぐわない、好みでは無い」と当初から除去する計画。

 

 だが、繊維壁仕上げから中塗仕上げに変わった事を目の当たりにすると、前述通り素朴的になった。強く違った言い方をすると、格が下がった感だ。本職に繊維壁仕上げを発注すると当然施工費は上がるだろう。やはり上位仕上げなのだ、と対比による視覚で何故か初めて実感した。

 家屋の既存状態が伝統的な上位と言って差し支えないだろう完成形。これにわざわざ手を掛けるのなら下手な事はせずに全く変えないと、低位化、陳腐化しただけになる。家屋取得や設計時にそういう考えがおぼろげ以上にはあったが、当施工は意匠面でどうだったかを考えさせられるものでもあった。

 

広告を非表示にする

開き直り配合

 この家に引っ越してから凡そ五年。本格的に施主施工が始まって凡そ四年。そして、最初の左官施工を行ってから二年強。この間、消極的には無数にあったが自らやるぞ、と成った事極僅か。カネが有るから、道具が有るから、材料が有るから、施工箇所が有るから、よりも大事なのはヤル気。幾度もこの事を思い知らされているお父さんは、今、珍しく左官にヤル気。この機を逃すまい。

 という事で、漆喰に続いて中塗仕上施工を実施。その前の下準備は行っている。

 

 まず、荒壁段階で終わっている元書院廻り等の既存壁や新設壁への大斑直しは当然。この大斑直し土で残ったネタは保存加工しておきましたよ。

f:id:kaokudensyou:20180107102037j:plain f:id:kaokudensyou:20180107102237j:plain

 

 んで、前回は省略したマステ養生を今回は行う。塗付基準線と言うより、左官施工に伴った木部の汚れ除去に苦しみ手間が掛かった事の反省から。

f:id:kaokudensyou:20180107102121j:plain

 

 さて今回、中塗仕上土の配合見直しを行った。目的は塗り易さ向上と、それに伴うヒビ発生の可能性の抑制。もうちょっと詳しく書いてみる。

 今までの中塗仕上施工では、塗付ながら仕上げもするという部分部分塗り法にて行っていた。無駄に時間が掛かるものの仕上がりは許容範囲に持って行ける上、ネタの水を少な目に出来る、施工部が狭小ならば。しかし今回はそのニ倍や三倍の面積部、普通に半間壁が施工対象にある。部分部分塗り法では上手くいく絵が浮かばない。

 そこで、漆喰施工にて行った通常の全面塗り法をする事に。こうなると、ネタへの加水を増加、鏝で普通に伸ばせる程度にしないとお父さんには困難。そうなると、以前に実験施工した際のようにヒビが発生する可能性が向上する、と考えられる。

 

 これに対応する為に単純に考えられるのは、砂の加増。以前にも書いたが、これを避けたのは既存配合を変える事による構造上の疑問、並びに、土壁仕上げ面の強度低下。前者は、仕上げと言えども土壁断面に対する割合はそれなりにある為、多少の構造強度の低下が気になったのだ。後者は、日常使い、例えば服がこすれただけ等ちょっとした事で、砂が零れ易くなるような事を極力避けたい、と考えていた。これは漆喰仕上げを多くした理由でもある。

 だが、中塗仕上げのヒビの前では、そして前述の非狭小施工の前では些末な問題、と都合良く思考改変した次第。

 

 この配合変更に伴う実験を実施。追加砂は、均一的に細かい珪砂を採用。他の既存中塗仕上げ部に合わせる意味合いで、ちょっと白さが強まれば良いな、という目論見もあっての事。

f:id:kaokudensyou:20180107102046j:plain

 

 既存、目測重量比10%増、同20%増、同30%増にて実験。結果はどれもヒビ無し、既存配合も。見た目の違いも分からん。実験施工面積が小さ過ぎたのか、下地が良かったのか、実験は空振り感が否めない。

f:id:kaokudensyou:20180107102608j:plain

 

 ま、いいか。予定外の再仕上げで必要以上に材を使うのだから、水増しの為に30%にしておこう。それまでの既存配合を頑なに守ったのは何だったのか、と我ながら思う極端変更。

 

広告を非表示にする

多分、お父さんは世界基準での中道。

 続いて、薪ストーブ廻りの炉壁仕上施工。新建材下地漆喰仕上施工だ。

 

 まずは、上方の漆喰壁廻りの養生撤去。一体何年貼っていたのだろう、マステは。剥がすと木部も一緒に剥がれる始末。他、泥土や水にも幾度も晒され、すっかり汚くなってしまっている。清掃の上、古色再塗装。

f:id:kaokudensyou:20180105185640j:plain

 

 さらに、上部見切材の棒瓦の固定材、木切れとはみ出し接着剤の除去。さらにさらに、マステ養生やらビス孔埋めや寒冷紗貼り。総じると凡そ1人工は掛かっていないが、施工期間自体は複数日に及ぶ。下準備が相変わらず長い。

f:id:kaokudensyou:20180105185648j:plain

 

 さて、いざ本番。新建材下地への漆喰施工は、土壁下地施工に比べ数段簡単。現在のお父さんにとって何ら問題無しだわ。と思ったのも束の間、とんでもなく水引きが強い。鏝を動かしながら動揺。脳内フル回転。余裕と思っていた所からの急転直下、あまりの高低差で耳がキーン。

 

 原因はまず間違いなく、石膏ボードではなくケイカル板だったから。

 ケイカル板の現物を見たら分かると思うが、確かに表面は石膏ボードよりは水を吸いそう。でもそれは、表面の紙の素材の違いだけ。水回りには石膏ボードよりケイカル板推奨、とどこかに書いていた記憶もある。水に強い=水引きを起こさない、若しくは石膏ボードと変わらないと高を括っていた。

 実際は、石膏ボード施工時よりも確かに水を引いている。漆喰も見る間に水引きが起こっている。取り合えず出来る事、水を打ちながら一度塗りを終える事を目指してみる。しかし、とてもそこまで行けないし、行けても仕上塗りである二度塗りの際に目も当てられない事になる事間違いなしな雰囲気。

 

 ここで思考停止して一からやり直してみる事も何度も過ったが、鏝を動かしながら混乱もしながらだが、もう少し粘って考えてみる。

 土壁下地のような砂漆喰塗りが必要ではないか、そう思わせる程、新建材にしては相当打っても弱まる気配を見せない水引き力。砂漆喰の余剰分が多く無く、改めて練らないといけないかもしれない。そうなると相当厄介。

 水打ちだけの対処を行うとすると、多分、ケイカル版全体に浸透する程になるまで打たないと止まりそうに無い。それをすると、ケイカル板自体やビスによる固定強度は大丈夫なのだろうか。これを考えるなら、砂漆喰でやり直しても不安要素を払拭出来ないのではないか。

 

 砂漆喰使用も水打ち強化も消極的な思考になった所で出てきた案。それは砂漆喰粗仕上法。

 施工直前まで思っていた事があった。漆喰仕上のこの壁に薪が当たったりすると嫌だな、と。その為、瓦製役物で防護しようとしたが施工面や掃除面から断念。その浮いた費用で鉄製薪収納具を購入してもいいじゃない。いやいや、伝統構法大規模単独施主施工者のお父さんが、そんな軟弱な事を言ってはいけない。溶接等で自作してやろうじゃないか。

 そんな事も思っていた時がありました。自作に取り掛かれる頃、お父さんは幾つだろう。かなり先そうだし、そもそも面倒だな。そんな苦労をせずに商業と経済力に頼ろうかな。皆偉そうな事を言ってたって結局、世の中お金は大事だ、利用しよう、って人は数多いるよ。他人様の材と技術と時間を買う事の何が悪いんだってばよ。狩猟肉を食べるのが可哀そう、とかいう肉食や草食や穀物食人間と同じぐらいの矛盾だよ、それ。

 

 そんな右派と左派の思考のせめぎ合ったりしていた所で、この施工状態に直面。収納具は何かしら用意するとしても、それでもコツンと当たる事はあるかもしれない。その際、綺麗な漆喰面では悲しい事になる。しかし、砂漆喰だと欠けたりしにくいかもしれない。それに、もし欠けたりしても粗仕上だと部分塗りしても目立ち難く、誰がやっても何となく補修出来るんではないか。よし、これやっ。お父さんは中道だ。

 

 という事で急遽、施工法変更。不足気味の砂漆喰に、練った漆喰と珪砂を追加。容量を増してザックリ鏝塗り。お父さんとしては、それなりに仕上がった施工になったかな、と思っている。

 バタバタで施工した事で撮影失念。実物はもう見ているし、記録としては、後日の薪ストーブの撮影で分かり難いけど写っているから良しとしておくれ。