読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

裸の施主施工者様

 本道の方の電気工事は、我ながら何とも心許ない内容となった。 

 南側薄壁の厚さに比べてPF管が太くて一部使えない。よって、その間は細い塩ビ管を使う事にした。この固定がまたもやビス挟み留め。手で軽く動かそうとしても大丈夫そうだが、電線交換時に電線を引っこ抜いた時はどうだろう。

f:id:kaokudensyou:20170512194306j:plain

 

 また、PF管と塩ビ管の接続が出来なかった。どちらも樹脂だし持ち合わせの接着剤で大丈夫だろう、と思っていたがそうではなかった。そこで、ビニールテープを巻く。そして、PF管が壁内で極力暴れないように針金で括ってみた。あぁ、怪しい。合間作業だし、後日考えてみよう。

f:id:kaokudensyou:20170512194312j:plain

 

 そんなこんなで、一応は一定の状態まで完成。配線計画の不備による電線管問題は解決させず、南側薄壁を斜め壁としちゃった。そんな恥ずかしい体たらく具合は写真に残さない。合間合間と書きながら総じて三人工は要しただろうか。

 

 ちなみにこの後日、お母さんのお母さん、二人にとってはおばあちゃんが来訪。

 この以前の来訪時、例の元奥の間周囲の小壁に対し、何か手を加えるのかという質問を受けていた。梁束梁貫板のみ設置時であり、土をまだ塗っていなかった時だ。お父さんは、「はい、勿論」と返答。再来訪時には、小壁は漉した中塗土の塗りが始まっており一部は完成していた。おばあちゃんが気にした事から、お父さんはその旨をおばあちゃんに告げるも、何故か特に返事も反応もなかった。

 しかし、おばあちゃんはその直後、当該壁に施工上必要で仮留めしてビスが見えているにも関わらず、石膏ボードを見て言い放つ、「綺麗に塗れてるなぁ」と。

 

 お父さんはつい驚きの声を上げてしまう。悪口等に敏感なお母さんもすぐ気付く。お父さんの左官壁の事は流して、石膏ボードの綺麗さは褒めた事を。

 空気を悪くしない様、お父さんもお母さんも笑い話的変換反応をすぐさま執る。ただ、それによるおばあちゃんの反応がどうだったか、お父さんは記憶が無い。ショック過ぎて。

 

 文字だけだと、おばあちゃんは凄い嫌味を言い放つ人のように読めるかもしれない。

 しかし、そういう人では無い。おばあちゃんは、人を傷つけるような言動等を取ってしまう事は確かに間々あるのだが、悪気はなかったりする。まるで子供のような所もある。しかも、この事に限って言うと、老眼によるものも影響していると思う。また、おばあちゃんにとって壁とは、石膏ボードのような平準で一様な無表情の物が普通なのだ。

 

 お父さんが衝撃を受けたのは、お父さんの左官技術がやっぱり低い事は勿論、妥協をしている事を知らしめられたからだ。

 お母さんは、施主施工者に有りがちな「素人だからこれで十分だろう」というような甘い見方をする。お父さんが難儀している事を知っているから尚更だろう、「十分綺麗じゃないの」と言う。お父さんはお父さんで、高品質を目指して独り善がりになりながらも、特に左官に関しては限界を感じて「これで良し」とこれまたよく有りがちな妥協もし出してきた。

 

 左官に関わらず、所詮お父さんは本職の足元にも及ばす、素人の中でも大した事が無いレベル。他者は思っていても言わない、自分でも目を瞑っている。目を瞑らないと進めない事が多いので深く考えないように努める事にした。

 そんな状態のお父さんが、一般的で傍観者で普通の視点を持つおばあちゃんに突かれたのだ。これは結構堪えた。これが現実か。

 

広告を非表示にする