読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

キッチン勾配天井:施工着手

f:id:kaokudensyou:20151001163028j:plain

 直上の屋根メンテナンス、雨漏り防止清掃が終わってから降雨を待つ事、幾日。雨漏りが起こっていない事を確認したので、キッチン勾配天井の施工着手。

 

f:id:kaokudensyou:20151001163039j:plain

 金属電線管等の細かい不要物の撤去。埃まみれの梁等の清掃。施工前の軽作業と思いきや、電線管は設置場所が狭く物は長い、清掃は高所で手が入りにくい等で、意外に数時間要する。

 

f:id:kaokudensyou:20151001163123j:plain

 非軽作業終了後、施工の方法と進行方法、及び施工箇所と保有解体材との材料割の兼ね合い検討。これに1時間は要す。大体見えてきた段階で、元竿縁天井板を天井板に還す加工を開始。

 

f:id:kaokudensyou:20151001163059j:plain

 長さと幅をソーテーブルで整えた板に古色塗布。そして雑巾掛け。そして乾燥。

 長尺物を天井に貼る作業となると、化粧面を手で押さえる工程がある。なので、古色面に軍手跡が残る。と言って、塗布を後施工にしては塗り残しが確実に出てくる所がある。仕上工程である塗布作業のタイミングについては、この施工に関わらず結構悩ましいものがある。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ