読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

驚異! フケ症が水だけで治る

別記・補足・おまけ

 お父さんは長年フケ症だった。十代の時にはフケが出るようになっていた。当時は特に気にせずに済む程度だったが、年齢と共に気になってきた。三十代になった頃からはちょっと困る程度に。

 

 しっかり洗髪しても風呂上りに、何なら濡れた頭を拭く事でフケが落ちたりする。夏はまだしも冬は酷いもんだ。振り向いてフケ、見上げて見下ろしてフケ、風が吹くだけでもフケ。近年は頭皮自体の一部が白くなっていたり、何だかよく分からないカサブタのような感じのものまで出来るようになる始末。

 手をこまねていたわけではない。大手メーカー製のフケにも効くというロングセラーのシャンプーは効果なし。中堅メーカー製フケ専用薬用高額シャンプーも、処方薬さえも同じく。むしろ悪化したのではないか、と思ったりする。

 

 それがだ。頭皮の水洗いを始めて一週間弱の頃だっただろうか。フケの存在が分からなくなった。有るのかもしれないし無いのかもしれないし。二週間後には明らかにフケが出ていない事を確認。三週間後にはカサブタのようなものが取れ出した。四週間経っても、それまでと違ってカサブタのようなものが復活しない。おまけに髪質まで変わって柔らかくなった。乾燥季になったらどうなるかはまだ分からないが、夏季の現時点では劇的変化が維持されている。

 

 先輩には一年程の懸案事項だった荒壁だけでなく、二十余年の懸案事項まで思いがけず解決してもらった事になった。料理好きでレザークラフトを嗜まれている先輩には、狩人として一人前になった暁には肉や革を贈りたい。

 

 それにしても何だか考えさせられた。

 幼き時から使っているから、皆が使っているから、快適性や爽快さの為だから、とシャンプー。それがフケという不快感を生み、カネを使って抑えようとしていた。それが、たかが水で全て解決の上にオマケまで、って。

 新建材という名の化成的で短寿命な製品を多用した在来工法家屋の概念から脱し、自然物材による伝統構法に住む事になった。それから色々考えさせられるようになった。これと通ずるような気がしている。

 

 何にせよ、二人もお父さんと同じ症状が出れば水洗いを試してみたらいい。ノーリスク、ローコストでハイリターンだ。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ