読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

ほったらかし作業の着手

キッチン天板漆塗り施工への邁進にて、ほったらかしにしていた施工。それらを進めて行く事にする。 その一つ、キッチンの換気扇設置施工。換気扇はかなり前から現場に邪魔的鎮座。漆施工中断、及び台風襲来に懲りて壁を造っておこうと思った次第。本施主施工…

やっとの石膏ボード施工

鉋が終わった柱を建てる。当然ながら天地が決っている。柱の上には既存鴨居、下には根太等々があるという事。よって、またもや斜めにして建てるので色々無理が出るわ、手間が掛かるわ。 当該柱の足元直下には束がある。その上に大引、さらにその上に根太があ…

記憶の喪失の中にあった素朴な不思議

はい、天板は設置されました。はい、巾木の漆は硬化しています。ではドッキング、とはいかないワンパターン。壁と天板の取り合いで北側は新設壁、とうに完成している。では、東側と西側はと言うとそもそも壁がまだ無い。はぁ、めんどくさっ。 と思った事は覚…

「資格」より「人」

ちなみにこの新柱の材、今までの既存や新規購入した杉材とは様相が違う。木目が違うし、表面も違う。鉋掛けの感じも違う。 木目に関しては、もしかして「杢目」というものじゃなかろうか。他に「板目」や「柾目」と言うものがある。竿縁天井板には「杢目」材…

梁、下がる?

さて、土壁乾燥待ちの間も施工はしている。母屋二階での土壁使用も終わりたいとその準備。 母屋二階施工は久しぶり。途中、ふと目についた。新規階段上り口になるから、と新柱を入れた箇所。梁直下の既存柱撤去に伴い、新たな梁荷重の支持材として先行入れし…

単独施主施工の不安

地獄挟み吊束により吊柱は重力方向には支持された、はず。次。横方向に対する支持の為の施工を行う。 小壁方向には、小壁や下端見切りの木材が入っている。この方向は良いとして、対応するのは今まで傾斜土壁があった方向。ここに梁材を入れる事とする。地震…

「二本両端逆地獄ホゾ挟み吊束」

作業中断から凡そ二人工。ようやく解を出す。名付けて「二本両端逆地獄ホゾ挟み吊束」方式。略して「地獄挟み吊束」としておこう。 吊柱と曲がり梁にそれぞれに応じた貫通穴を開ける。その穴それぞれに角材を入れる。これを引っ掛かりとして、そこに束材を嵌…

言書易行難

ダブル鴨居の取付作戦が決定。いざ実行。 材は解体敷居。見えにくい所なので材料節約、釘穴跡や虫食い跡があってもそのまま製材。それら不細工な箇所を極力見えない位置にするように加工。 → レーザーにての水平墨出しの上、柱にホゾ刻んで。角の柱を叩き動…

「付鴨居」のブラックボックス

五本柱が建ったので、このままトイレ出入り口の鴨居を付けてしまう。 トイレの建具は、既存母屋一階の引戸を使う。ただの板張り戸、とかではなく細工が面白いので使わないと勿体ない。なので、出入り口寸法はこの引戸ありき。一方、付鴨居の位置はどうしたも…

一日一本

いざ、ミッション開始。 面倒なのは、既存の壁やら梁やらと取り合いがある柱。柱一本、確か20kg程だったろうか。長さは3.6m強。これを振り回して既存箇所に照らし合わせながら、とすれば加工精度は上がるがしんどそう。どこか傷付けそうだし。なので、取り…

柱五本の理由

思い立ってから半月程、ようやく柱材使用の段階に辿り着いた。ミッションは奥玄関のトイレ新壁を設けるために四寸角の柱五本。 元々、床だけで何もなかった空間。さらに上階から加重を支持する為のものではない。なので、既存壁との取り合いと角の三ヶ所に柱…

キッチン新設壁の骨組み材の施工完了

縦材と横材が入った事で、開けっ広げ空間が四分割された。下半分は二面共土壁。上半分の西側一面は引違窓。東側一面はさらに分割する。嵌め殺しか開き戸かは現時点では未定ながら採光建具を入れる面と、後述する事になると思う壁付け換気扇を設置する面だ。…

先祖が行う「後入れホゾ留め」解説

さて、「後入れホゾ留め」の説明をしておこう。これも例のごとく解体を前提にした加工なのだ。 雇ってきた平板はカシ材。これを、敷居材の切り欠いた面からスライドさせて、グイっと柱ホゾ穴部に差し込む。玄翁等で叩き込めない箇所であり、取り外しも出来る…

敷居入れ

新規敷居の加工をしつつ、これを受ける側の柱も刻んでいく。 元々の普通の敷居の入れ方は、一方はホゾがあって柱にまずは差し込み、もう一方は柱と共に溝が掘られていて栓を打ち込む。この時の敷居材の動きは、最初のホゾ入れ箇所を中心とした回転。新規敷居…

トリマーと私

柱勝ちなのでまずは柱を立てて現寸を採れる状態にしてから、と途中だった新設敷居の加工も再開。 ←中学校鉋も使用 ここの建具は、滑車による木製ペアガラスサッシを造作して入れる予定。なので、解体材の元敷居の建具滑りの溝を無くす。代わって、若干水勾配…

柱を建てながら抱く独り善がり

解体材を、丸鋸と鉋と鋸と鑿と新設の柱へと加工していく。既存敷居も撤去し、柱受け材用のホゾ穴と外壁板の嵌め溝をトリマーで掘る。柱先の刻みは見上げ作業。目まいが起こらないような頭の角度を探りながら何とか完遂。これで準備は整った。 寸法をこれまた…

こういう事が改修工事見積が高くするのかね

キッチン新設外壁は、ほぼ十字に木材を組む。これをどうするかで思考が交錯。何案も浮かんでは消えての繰り返し。と言うのも、上下左右が決まってしまっている。縦材だけ、横材だけならまだ良い。だが、横材を入れてから縦材、またその逆となると途端に制約…

「鉋道」:誘(いざな)い

目まいが収まらない中、出来る限り施工をしてみる。しかし、木埋め作業は健康状態でも進まない。そこで、木埋めした箇所の仕上げを行う事にしてみた。 一番最初は、高所で柱と梁との取り合い部分。鉋が使えない。ベルトサンダーも使えない。という事で、鑿で…

暑い現場からの脱出

刻んだ、雇い実も整えた、で柱建て。 前回の柱建ては上下が決まっていたけども、これは下だけだから容易。雇い実の入りもきつくて予定通り。柱の垂直具合も良し。下手こくかも、と思いながらの加工作業だったけども問題なく建てられた。 柱先は切除せずに異…

雇い実・込栓用材作り

遡って本格着工する前、ソーテーブルが出来上がって間もない頃。自己伐倒等をして薪にしていたシラカシとコナラを製材していた。目的は、もしかして必要になるかもしれないと考えていた「雇い実作り」。 必要だと判明した時ではなく備えとして作っておいた理…

酷暑の中で刻みまくり

そしていよいよ仕口。加工位置が決まっていてなおかつ難しい方の足元から。ここはややこしい。 まず柱が建つ床梁は丸太。柱と梁の接触面が平面ではなく一部円形。これが階段側なので見えてしまう。丸梁から柱が浮いているような修めは不細工過ぎる。という事…

見せない構造

伝統構法の醍醐味の一つかと思っているのが「見せる構造」。構造部分を意匠としてしまう。大工職人の腕や見識やセンスが出る所じゃなかろうか。お父さんの義父であり二人のおじいちゃんの納骨時に行った、四天王寺のお寺のそれはそれは大きな本堂内のそれら…

小屋梁腕木支持施工計画と部材発注心得

引き続き、懸案事項の二階柱を建てる。次は、階段予定位置と絡む箇所。 ここは設計時には分からず二階造作解体で出てきた柱であり、階段動線上大いに邪魔だと判明。と言って前回の柱と状況が異なる。柱を乗せたい床梁と、柱で支えたい小屋梁がズレているのだ…

柱建ての目的を施工す

柱が建った事で、その足元絡み箇所の二階床捨て板兼一階天井板を釘打ちする。 ここで再びきょうこの出番。お父さんが打つ位置を決めて軽く釘を打ち込んでおく。それをきょうこが打つ。家の手伝いが「家を造る事」。スコスコ打ち込んでいく。 それを見ていた…

柱建て初施工 -2-

柱と梁の刻み箇所に古色を塗りたくった上で、とうとう柱を建てる。 上下の梁の内寸と柱長は同じ。もしかして、気持ち長くしたかもしれない。いずれにしろ、回転しながら入れるわけなので物理的には入らない。しかし、入れる。鉄骨なら無理かもしれないが木な…

柱建て初施工 -1-

新柱の上の小屋梁、下の床梁それぞれにホゾ穴を設ける。床梁は角材で特段問題ない。松の小屋梁はそうではない。そのままでは柱と隙間が大きく開く。よって、柱との取り合い面を平らにするが、柱とピッタリにする為には結構削らないといけない。この改修工事…

過信禁物

柱を立てる段取り開始。まずは墨打ち。ここで悩んだのは基準となる所がない事。 現代の建築と現場しか知らないお父さんにとって、この家は悩ましい。在来工法と伝統構法の違いだけでない。3D-CADによる作図を行うに至った理由で述べた通り、基準線が見当たら…

埋め木が嫌なお年頃

チリを見ているとどうしても目に入る柱の切欠き部分。竿縁天井との取り合いだった所。これからは現しになるし、壁の中塗り段階で取り合いになってくる。取り合いになるだけに埋めておこう。 この切欠き。当然ながら、垂直やら平行やら切り欠いてくれてはいな…

虫食い木で小梁作業

キッチン概要が決定した事で、階段があった土壁の処遇も決定。 この壁は、階段により下半分程までしかない。なので、ちゃんとした一枚壁じゃないのでいっその事撤去し、これにより生まれるスペースをキッチンエリアに取り込む事も考えてみていた。壁を撤去せ…

最初の木材加工仕上工事

続いて天井板貼前作業として、取合い壁を板で塞ぐ。 本来、と言うのか統一仕様の基準としている隣室では、中塗仕上げ壁となっている。同仕様前提での施工がなされていない為か、土壁上部の小梁か胴差か名称は不明の荒材とのチリがあまり無いのだ。中塗仕上げ…