読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家屋伝承

我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。

ホントの「プロ」への対価ならお得感ありあり

薪ストーブ導入のキッカケを作った張本人のおじいちゃん建築士に相談。施工できる大工を知っているので問題なし、さすがに奨めるだけあって設計事例を持っている、との事。 で、ある日、おじいちゃん建築士の過去の現場のお宅を訪問する機会を得た。そこでは…

薪ストーブの施主施工案浮上

またまた、どうしようかなぁ、と薪ストーブの施工について悩む日々。近隣に限定せずに、業者に限定せずに、幅広くネット内を彷徨ってみた。 ある日、ある薪ストーブ業者の方のブログに行き着いた。そこには、事細かく多岐に渡る内容が書かれていた。使い方や…

業者という「プロ」へのお父さんの見方

薪づくりに北側敷地改造計画、それに施主作図をしていたこの頃、他に出来る事、しなければいけない事は薪ストーブについての事。知識は皆無、とりあえずネット検索をしていった。それを踏まえて、まずは業者の選定もした方が良い、と最寄の業者をあたってみ…

この家の暑さ対策、そして屋根メンテナンスについて

この家の暑さ対策については、初年度のエアコンいらず体験からかなり楽観的だ。でも、涼しい家だからと言って夏の事を全く気にしないわけではない。痩せていた若い時から暑がりで夏がツラいお父さんからすれば、寒がりの人は対応策がある恒温動物なんだから…

建築士ではなくあくまで施主がリーダーなのかな

薪やら竹やらドングリやらと戯れながら、この家の改修プランを考えなければいけないものの、なかなか思考が進まない。 その為にも建築士に期待していた。が、一向に進展させようという気配はない。叩き台もない。ま、こちらが具体的にこうしたい、ああしたい…

建築士選定と候補家屋決定

こちらから当って行っても、相場単価とこちらの予算の乖離で門前払いだったので、向こうから来てもらう事にしようとインターネットで匿名募集を行った。ここで、3候補と予算を提示、施主施工も辞さない旨を明記し、可能だと思うならば挙手を願った。 応募が…

施主に寄り添ってくれる建築士はいずこか

「実は無垢で包容力があるのだが、心を閉ざしているとっつきにくそうな少女」「接しやすそうでのんびりしていそうな田舎女性」「雰囲気も良さそうで品がある上に美人だけど、令嬢なので庶民と添い遂げてくれるか分からない女性」 お父さんも若かりし時にはそ…